SUPERCELL – The Bravery Lyrics

artist: Supercell
album: The Bravery
details: Magi: The Labyrinth of Magic’s 2nd ED Theme

credits: supercell

Romanji:

Dareka no iu koto nante ate ni naranakute
Kono me de tashikametaku natta nda

ame wa doshaburi de
shikai wa saiakudakedo
`kimi ni wa yūki ga aru’
sono hitokoto o shinji tobidashita
mawari wa kare o wara tte
`dōse nanihitotsu aitsu ni wa dekinai sa’
iwa sete oke

kimi wa kesshite yowaku nanka nai
darenimo hatasenakatta yume o negae tsuyoku
kanarazu kanaete miseru tte

sā mizukara no hata kakage 
susume mae ni 
nijimu namida wa 
Kimi no akashi
mayou toki wa kono boku ga hata ni iru 
dakara ikou 
sekai no subete o mi ni

daremoga onaji ningen de
inochi wa byōdōde
sukuenai hito nanka iyashinai tte
risō wa genjitsu ni tayasuku makasa reru
kao o agete

ano hi anata wa tasuketa nda
watashi wa dakara ima waraeru

Sōda yo hito wa nando mo ashita o negaeru


nigeru no ni wa mada hayai 
kuyashikute nagasu namida wa 
mirai e no rūto
tsukutte kukara 
shinjite miru ano kotoba 
mōichido 
kono ashi de sa tadori tsuite miseru yo

sekaijū tabi shite mawatta
toki ni warai toki ni kenka o shite
kedo mō dame datte tokini wa
nan’nimo iwazu soba ni ite kureta
nā shi~ teru yo
omae ga honto ni ī yatsu datte koto
dakara mō tayoranai
hitori datte mōdaijōbu
gyakuten funōna keisei ni
kare no karada wa mohaya kizu darake
soredemo yowai mono no tame ni
kono mi ga dō narouga kamai wa shinai

ne e kimi wa naze 
soko made dekiru n dai? 
Ano toki datte ima datte sō sa 
boku wa dakara 
chikara ni narou 
kono boku ga hata ni iru 
dakara ikou 
ikeru tokoro subete 
bokutachi no kono menara

Kanji:

誰かの言うことなんて当てにならなくて
この目で確かめたくなったんだ
雨は土砂降りで
視界はサイアク だけど
「君には勇気がある」
その一言を信じ飛び出した
周りは彼を嘲笑(わら)って
「どうせ何一つあいつにはできないさ」
言わせておけ

キミは決して弱くなんかない
誰にも果たせなかった夢を願え 強く
必ず叶えてみせるって

さあ自らの旗掲げ
進め前に
にじむ涙は
存在(キミ)の証
力になろう
迷う時はこの僕が傍にいる
だから行こう
世界の全てを見に

誰もが同じ人間で
命は平等で
救えない人なんかいやしないって
理想は現実に容易く負かされる
顔を上げて

あの日あなたは助けたんだ
私はだから今笑える

そうだよ 人は何度も明日を願える
逃げるのにはまだ早い
悔しくて流す涙は
未来への過程(ルート)
作ってくから
信じてみる あの言葉
もう一度
この足でさ 辿り着いてみせるよ

世界中旅してまわった
時に笑い 時に喧嘩をして
けどもうだめだって時には
なんにも言わずそばにいてくれた
なあ 知ってるよ
おまえがホントにいいやつだってこと
だからもう頼らない
一人だってもう大丈夫
逆転不能な形勢に
彼の身体はもはや傷だらけ
それでも弱い者のために
この身がどうなろうが構いはしない

ねえ キミはなぜ
そこまでできるんだい?
あの時だって 今だってそうさ
僕はだから
力になろう
この僕が傍にいる
だから行こう
行けるところ全て
僕たちのこの目なら
確かなものを見つけられる