SUPERCELL – 銀色飛行船(Gin-iro Hikousen)

artist: SUPERCELL
album: Giniro Hikousen
details: Nerawareta Gakuen‘s Opening Theme

credits: supercell

Romanji:

kono michi noborikireba
anata ni ha itsumo
akubi wo shinagara
soko de matteta

shiokaze niou machi de

anata mo atashi mo
otona ni nattekunda tte
sou omotteita

umodori ga naiteita

ano natsu anata to futari kaetta michi
oikakete oikakete

gin-iro hikousen kagayaku

umi dake ga kawaranaide
anata ga waratta kono oka
mou ichido anata ni aitai

jitensha kago ni kaban

futaribun nosete
monku wo iinagara
sakamichi oshita

kono michi ha massugu de

machigau hazu nanka nai to omotteta
doko made mo ikeru tte

gin-iro hikousen tondeta

ano sora wo mitsuketakute
hoho wo naderu kaze kono oka
mou koko ni ha dare mo inai
dare mo inai

hi ga ochite nobita kage boushi

atashi ha anta wo oikaketa
zutto anata no koto ga suki de
dakedo atashi ha ienakatta

gin-iro hikousen kagayaku

umi dake ga kawaranaide
anata ga waratta kono oka
mou ichido anata ni aitai

gin-iro ikousen tondeta

te wo futte miokutta ano hi
ano michi nobotte kondo ha
kono oka de saki ni matteru

kono oka de saki ni matteru

Kanji:

この道登りきれば
あなたはいつも
あくびをしながら
そこで待ってた

汐風匂う町で
あなたもあたしも
大人になってくんだって
そう思っていた

海鳥が鳴いていた
あの夏 あなたと二人帰った道
追いかけて 追いかけて

銀色飛行船 輝く
海だけが変わらないで
あなたが笑った この丘
もう一度あなたに会いたい

自転車かごに鞄
二人分載せて
文句を言いながら
坂道押した

この道はまっすぐで
間違うはずなんかないと思ってた
どこまでも行けるって

銀色飛行船 飛んでた
あの空を見つけたくて
頬を撫でる風 この丘
もうここには誰もいない
誰もいない

陽が落ちて伸びた影法師
あたしはあなたを追いかけた
ずっとあなたのことが好きで
だけどあたしは言えなかった

銀色飛行船 輝く
海だけが変わらないで
あなたが笑った この丘
もう一度あなたに会いたい

銀色飛行船 飛んでた
手を振って見送ったあの日
あの道登って今度は
この丘で先に待ってる

この丘で先に待ってる